クリプトメリア自由が丘店

AI時代に負けない、自分で考え気づき行動する力をボードゲームで養う教室・店舗運営しております。

広告

みんなでぽんこつペイント

こんにちは。ボードゲームで考える力を養うクリプトメリア自由が丘店の@てんちゃんです。

本日は、パーティやイベントで初対面同士でも大笑いしてしまう、ゲームを紹介します。

【みんなでぽんこつペイント】

■人数 2名~12名 ■対象年齢 6歳以上 ■プレイ時間 10分以上

ルールは至ってシンプル。『直線』と『正円』だけで、お題の絵を描き、回答者に絵をみせて当ててもらう『お絵かきゲーム』です。絵の上手下手は関係ありません。画力よりも、発想力が求められるゲームです。お題の絵をあてたりしながら、最後に得点が多い人が勝ちとなります。

【ルール】

①回答者1人と描く人にわかれます。(全員一度は回答者になります)

②回答者に見えないように山札からカードを一枚ひき、サイコロを振ります。サイコロの目と対応した言葉が今回のお題になります。

③描く人が全員、お題を確認したら、お題カードを伏せ、回答者、他の描く人に見えないように、『直線』と『正円』で絵を描きます。

④全員が書き終わったら、画数の少ない人から絵を公開します。回答者は、1枚の絵に対し1回しか答えられません。

⑤回答者が答える、もしくは全員の絵をみても答えられなかったら、このラウンドは終わり、次は左の人が回答者になります。

⑥これを繰り返し、全員が一回ずつ回答者を担当したらゲームは終了です。

【補足】

■直線の長さや正円の大きさは自由です。

■文字や記号などを描いてはいけません。

■お題のヒントになるようなことをしゃべってはいけません。

■絵が描き終わったら、絵の中の直線の本数と正円の合計数を、お絵かきボードの右下に書きます。

■画数が同数の場合、回答者から時計回りにみて近い人が先の順番となります。

【感想】

何を残して何を削るか、画数が決め手なので、どう表現するかと共に、いかに少ない画数で相手に伝わるかを考えるゲームでとても面白かったです。お題を知っている描き手は、場に出された相手の絵をみて、『なるほど!そういう表現の仕方もあったか』と、大笑い。自分の表現・考え方の幅を広げることにもなります。

【5本のキュウリ】 漬物なんかにされるなよ?!

こんにちは。クリプトメリア自由が丘店の@てんちゃんです。
本日紹介するボードゲームは

【5本のキュウリ】
一時期、大人気すぎて流通が回らず通常1800円(税抜き)のカードゲームなのに
5000円以上の高値で売り買いされたというくらい人気の商品です♪

21RAYuVrJlL

IMG_6587

作家は緑大好きの【フリードマン・フリーゼ】

■作品名 フリードマン・フリーゼ

■タイトル 5本のキュウリ

■参加人数 2名~6名  ■対象年齢 8歳以上 ■プレイ時間 約25分

【ルール】

場にあるキュウリを6本以上になった人が『お漬物』とよばれて、ゲームから脱落。最後の一人になった人が勝ち。勝負は七枚目のカード!!

①1~15までの数字が書かれたカードが各4枚ずつ×15で60枚。これをよくシャッフルして一人7枚ずつ配ります。(余ったカードは、使いません。脇に置いてOK)

②親が手札から1枚カードを出します。

③次の人は、前の人が出した数より大きい数を出します。ただし、手札に大きい数がない場合、必ず手札の中で最も小さい数をだします。この時、もし手札に場に出された数より大きい数を持っていても出したくない場合は出さなくてもいいですが、その場合も必ず手札の中で一番小さい数を出さなければいけません。(パスはできません。手札の中から必ず一枚出します)

④全員がカードを出し終わったら、場の中で一番大きな数を出した人が1ラウンド目の勝利です。(ただし、何も起こりません)場のカードを、勝利者の横に置き、次のラウンドを始めます。(スタートプレイヤーは勝利者からになります)

⑤各自7枚ずつ手札があるので、これを7ラウンド繰り返します。

⑥最後7ラウンド目が勝負です。この時に、一番大きい数を出した人が、そのカードに描かれている数のキュウリコマをもらいます。これが6本以上でたら、その人はその時点でゲーム終了です。

⑦これを繰り返して最後まで残った人が勝利です。

【補足】

・7ラウンド目に同じ数のカードが出ている場合は、後手の人がキュウリを受け取ります。また、7ラウンド目に『1』カードが場に出ていた場合、キュウリを受け取る人は通常の2倍のキュウリを受け取ります。

【@てんちゃん感想】

文面だけみても、面白さが一切伝わりませんが笑、実際にやると、これが滅法面白い♪ルールがシンプルで何度もやりたくなるゲームでしょうか。年齢も8歳からとありますが、1~15までの数がわかるお子さんだと、数回やればルールをつかめるので、年長さんからでも出来るかなと思います。

また、早く脱落した人は、ゲームを見ているだけになるので、脱落者が出た時点で終わりにするのもお勧めです。脱落を先に2回した人が負けなど、独自のルールで遊ぶと全員楽しくできるかなと思いました。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

是非、お時間あれば遊びに来てくださいね。

クリプトメリア自由が丘店 @てんちゃん

 

 

 

 

世界中のボードゲームのまとめサイト

子どもから年配の人まで年齢を問わず、楽しく遊べて学べる

ボードゲームについて、もっともっと詳しく知りたい私と

訪れてくれたあなたのためのサイトを作成中です♪

・ボードゲームの価格帯で分けたり、年齢別のおすすめ、遊び方

・様々なボードゲームに詳しい方のブログのリンク

・ボードゲーム会社のリンク先などを貼っております。

追加してほしいもの、ご希望などあれば随時更新予定です。

どうぞ宜しくお願いいたします。