みんなでぽんこつペイント

こんにちは。ボードゲームで考える力を養うクリプトメリア自由が丘店の@てんちゃんです。

本日は、パーティやイベントで初対面同士でも大笑いしてしまう、ゲームを紹介します。

【みんなでぽんこつペイント】

■人数 2名~12名 ■対象年齢 6歳以上 ■プレイ時間 10分以上

ルールは至ってシンプル。『直線』と『正円』だけで、お題の絵を描き、回答者に絵をみせて当ててもらう『お絵かきゲーム』です。絵の上手下手は関係ありません。画力よりも、発想力が求められるゲームです。お題の絵をあてたりしながら、最後に得点が多い人が勝ちとなります。

【ルール】

①回答者1人と描く人にわかれます。(全員一度は回答者になります)

②回答者に見えないように山札からカードを一枚ひき、サイコロを振ります。サイコロの目と対応した言葉が今回のお題になります。

③描く人が全員、お題を確認したら、お題カードを伏せ、回答者、他の描く人に見えないように、『直線』と『正円』で絵を描きます。

④全員が書き終わったら、画数の少ない人から絵を公開します。回答者は、1枚の絵に対し1回しか答えられません。

⑤回答者が答える、もしくは全員の絵をみても答えられなかったら、このラウンドは終わり、次は左の人が回答者になります。

⑥これを繰り返し、全員が一回ずつ回答者を担当したらゲームは終了です。

【補足】

■直線の長さや正円の大きさは自由です。

■文字や記号などを描いてはいけません。

■お題のヒントになるようなことをしゃべってはいけません。

■絵が描き終わったら、絵の中の直線の本数と正円の合計数を、お絵かきボードの右下に書きます。

■画数が同数の場合、回答者から時計回りにみて近い人が先の順番となります。

【感想】

何を残して何を削るか、画数が決め手なので、どう表現するかと共に、いかに少ない画数で相手に伝わるかを考えるゲームでとても面白かったです。お題を知っている描き手は、場に出された相手の絵をみて、『なるほど!そういう表現の仕方もあったか』と、大笑い。自分の表現・考え方の幅を広げることにもなります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中